キャッシングの申し込みをする前に必ず覚えておきたいのが、年収の三分の一ルールです。

これは総量規制というもので、簡単に言えば消費者金融からは年収の三分の一以上の金額を借りることができないというものです。年収が300万円だった場合は100万円が限度額ということになります。これは借り過ぎによるトラブルを防ぐためのルールですが、注意しておかなくてはならないのは複数の業者からお金を借りた場合であっても、借り入れ上限は合計で年収の三分の一になるという点です。

年収300万円の人がすでに一つの業者から80万円借りている状態だと、他の業者からは最大で20万円までしか借りることができなくなります。

消費者金融は利用者のデータを個人信用情報機関を通じて共有しているので、借入額をごまかすことは絶対にできないので気をつけましょう。ただしこの三分の一ルールには除外や例外の要項もあるので、年収の三分の一を超える金額を運用する手段がまったくないわけではありません。

たとえば銀行系のカードローンは消費者金融とは別の法律が適用されるために総量規制の対象とはなっていません。

住宅ローンや自動車ローン、あるいは医療補助の名目で貸し出されるお金なども除外や例外扱いになるのでこのようなルールの違いをあらかじめよく認識しておきましょう。