クレジットカードの中には、キャッシングの機能が付属しているものも存在します。この機能は通常のキャッシングと呼ばれているシステムと同じ働きを持ち、お金が欲しいという時に、借り入れの形で、そこから現金を引き出すことが可能になります。

お金を持っていない時に、カードを利用して購入や支払いができる点はクレジット機能と同様ですが、キャッシング機能は実際に現金を取り出せるため、ただのクレジットカードよりも使い勝手が格段に上がります。クレジットカードが使えないお店でも、キャッシングで借り入れを行った場合なら、手元の現金で買い物ができるというのがそのメリットの一つです。

クレジット機能はあくまで後払いの仕組みを持つものであって、キャッシングのようにお金を借りるものではありませんが、後からお金を振り込まなくてはならないことに変わりはありません。返済さえ計画的にこなせれば、キャッシング機能をクレジット機能と同じように使用することもできます。

キャッシング機能付きのクレジットカードを所有しておけば、状況に合わせて機能を使い分けられ、便利に物が買えます。対応のカードなら、申し込み一つで簡単にオプションを追加してもらることができますので、有効に活用していきましょう。