ブラックリストに載る、なんて言葉を聞いたことがある人は多いと思います。過去に自己破産や任意整理、著しい滞納など金融事故を起こした履歴がある人を、いわゆるブラックと呼んでいるだけで、リスト自体は存在しません。

また別に最近良く聞くのが『申し込みブラック』というものです。

これは短期間の間に複数のキャッシングやカードローンの申し込みをしている状態の人を指します。審査の際に利用する信用情報機関は各業者に共有され、申し込みの履歴も、いくら申し込みをして、審査の結果がどうだったかもすべて記録されています。

あまりに短期間であちこちに申し込みをしている人は「お金がいくらあっても足りない」「とにかくお金に困っている」状態だとみなされ、返済能力が不安だと判断されます。結果、審査の際にはマイナスに働き申し込みブラックの状態だと審査は通りにくいとされています。

この申し込み履歴は約半年は残るとされています。一番良い形は、一社まず申し込みをして、結果を受けて次の会社に申し込みをする、というように一社ずつあたりましょう。

何社申し込むとブラック扱いか不明ですが、一般的には二社まではOKで三社目半年グレーゾーン、四社目からは申し込みブラック扱いだとされています。十分気をつけましょう。