田舎の祖母が怪我をしたとのことでお見舞いに行ってきました。高齢にも拘らず基本的には元気で、今回も重篤な病気などではないということで、久々の顔見せのつもりの軽い気持ちで現地に向かったのです。が、親戚のチビッ子達がイベントさながらにワイワイと大集結していたことに私は真っ青。

「親戚に会うとお小遣いを期待するのよね」。実際のところ幼い頃の私もそうだったので腹を決めるしかないのですが、チビッ子とはいえ9人…一人あたま3000円としても約3万円の急な出費は痛いな。っていうか、もともと現金を多く持ち歩かない私ですので、それを渡しちゃったら自分のお財布が心もとなくなっちゃうわよ。

しかし便利な世の中で、銀行は無くてもATMもちょっとしたポチ袋もコンビニに売っているので→そんなことはチビッ子達も知っているので→半分泣きたい気持ちでコンビニに行ったところで気付きました…今回のプチ遠出には現金3万5千円とイザというとき為のクレジットカードのみで、銀行キャッシュカードは持参していなかったというコトに…。

え~い!こうなったらもうキャッシングしかないでしょう?!ATMから出した(借りた)お金をレジで両替してもらって、買ったポチ袋に慌てて詰めましたよ。…でも、こんな大人の事情は子供たちには関係のないことなので、元気に大きくなった姿・喜んだカワイイ笑顔を見られてだけで良しとしましょう。

そしてこの後はすぐにでも、なるべく利息を軽く済ませるために早期返済の手続きを済ませてしまわなくては!